徒然なるままに

作成しているWebサイトについてやそこで使用しているWordPressやサーバー、個人的に感じたことなど色々なことを書いていきます。

薬学部の学生生活(キャンパスライフ、学費、部活動・サークルetc)について

こんにちは、たかし(@Aspiration_Taka)です。

 

私自身、大学は関西の私立薬学部を卒業しています。

 

僕が入学したときはまだ薬学部が4年制だったのですが、5年かけて卒業しました。

(1年留年しています・・・・。)

 

なので今の薬学部生の大学生活と違う部分が多いと思います。

 

今の薬学部との比較にもなると思います。

 

なので私自身が通っていたとき(2002年~2007年)の薬学部での大学生活についてご紹介!

 

 

薬学部(4年制と6年制)について

薬学部は大学の学部の1つで、薬剤師を養成するために作られた学部です。

 

2005年度までの薬学部入学者は4年の学習を終えれば「薬剤師国家試験の受験資格」が得られました。

 

2006年度の入学者より4年制と6年制に学習要項が分かれています。

現在は6年制の薬学部を卒業しないと「薬剤師国家試験の受験資格」は得られないようになっています。

 

4年制と6年制の違いを物凄く簡単に言うと、

 

・4年制では薬学の研究教育をメイン

 

・6年制では薬剤師を養成することがメイン

 

という位置づけになっています。

 

 

大学について

大学は大阪にある総合私立大学の薬学部に通ってました。

 

キャンパスライフ

キャンパスは薬学部だけ隔離されていたため、薬学部生だけのキャンパスとなります。

 

毎日一緒にいるグループも授業を受けるグループも一緒なので人付き合いはめっちゃ大事です。

 

学年全員合わせて300人ぐらいなので知らない人がキャンパスにいるとすぐにわかります。

 

恋愛事情としては学部内で付き合う、別れるが多いです(笑)

 

かくいう僕自身も同じ学部内で付き合ってました・・・。

 

薬学部は理系の学部の中でも女子の割合が多いです。

僕が入学したときで大体60%程度が女性です。

 

またアルバイトをしていない学生も多いので、出会い自体が大学内に限られている場合が多く、授業も実習も一緒なので恋愛に発展しやすい状況ではあるかもしれないです。

 

教授と学生の恋愛の噂も色々と流れたりしていました・・・・。

 

 

現在は、通っていた大学の薬学部のキャンパスに看護学部ができ、学生が増えたので出会いは多くなってそうなイメージです。

これで通っていた大学はすぐにバレる(笑)

 

学費

通っていたときは年間200万ぐらいでした。

 

この学費に加えて交通費や教科書代など色々なところでお金がかかります。

 

僕の場合、実家から大学が遠かったため交通費だけで1ヶ月2万円ぐらいかかってました。

 

ちなみに片道2時間半かけて通ってました。

往復5時間・・・・。

 

なので留年したんです。(←言い訳w)

 

落とした科目によりますが、留年したときは半期毎に休学できるので、半期分の学費は抑えることができます。

 

ちなみ4科目落とすと留年になりました。

 

部活動

あまり多くはありませんが、メジャーなスポーツはあります。

 

僕の大学であったのはサッカー部、バスケットボール部、テニス部などがありました。

ほとんどが週1〜2回の練習がある程度です。

 

サークルはほとんどなかったです。

 

僕自身はバスケ部に所属していました。

 

各スポーツの大会も薬学部だけで行われることが多いです。

 

名称は忘れましたが、「関西薬学部リーグ」と「全国医歯薬バスケットボール大会」の2つしかありませんでした。

 

 

まとめ

今回はキャンパスライフについてご紹介しました。

 

正直キャンパスライフ自体はめっちゃ楽しかったです。

 

次回は授業についてや就職活動についても書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 徒然なるままに All rights reserved.