徒然なるままに

作成しているWebサイトについてやそこで使用しているWordPressやサーバー、個人的に感じたことなど色々なことを書いていきます。

二日酔いの原因と対策の仕方!

こんにちは、たかし(@Aspiration_Taka)です。

 

先日ちょっと飲み過ぎて次の日は二日酔いになりました。

 

 

最後のツイートはだいぶ酔ってた状態です(笑)

 

個人的に二日酔いになるとものすごく後悔します。

 

飲み過ぎたなと(笑)←自分で調整しろって話ですが・・・・。

 

二日酔いについて調べてみました。

 

 

二日酔いになる原因

そもそもなぜ二日酔いになるのでしょうか。

二日酔いになる主な原因は2つです!

 

アルコール(エタノール)の分解過程で体内に残るアセトアルデヒド

アルコール(エタノール)(以下:アルコール)を飲むと体内に吸収され、血液に入り、身体中をめぐります。

 

血液中のアルコールは肝臓で分解されます。

 

f:id:takashi19831006:20171023080235p:plain

 

アルコールはまずアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに分解されます。

アセトアルデヒドは身体には有害なのですぐにアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により酢酸に分解され、その後二酸化炭素と水に分解され体外に排出されます。

 

日本人は遺伝的にALDHの活性が低い(機能が弱い)人が多く、アセトアルデヒドが体内に多く残ってしまいやすいです。

 

そのため、酔っ払うと頭痛や気持ち悪くなったり、吐いてしまったりという症状が現れます。

 

・アルコールは毎日摂取すると強くなるの??

実は少しですが強くなります。

アルコールは体内でADH、ALDHによって分解されます。

この分解の強さは遺伝的に決まっており、先天的に決まっており、日本人はADHの機能は強く、ALDHの機能が弱い人が多いです。

逆に欧米人はADHの機能が弱く、ALDHの機能が強い人が多いです。

体内には違うアルコール分解経路である「MEOS経路」があります。

この分解経路は飲むことで少しずつ働きが強くなると言われています。

ただこの分解経路が強くなるということは肝臓機能が少しずつ弱まってきているということです。

ですので無理して飲酒するということは身体には良くないことなので、自分自身が楽しんで飲める量を把握して楽しく飲みましょう!

 

 

アルコール摂取による脱水症状

アルコールが身体に入ることによって、抗利尿ホルモン(バソプレシン)の作用を抑える作用があります。

 

抗利尿ホルモンは普段は尿を抑える(おしっこを抑える)働きがあります。

 

尿を抑える作用を抑えるので利尿作用が現れます。

ですのでお酒を飲むとトイレに頻繁に行きたくなります。

 

トイレに頻繁にいくということは体内の水分を減らしていくということです。

 

お酒を飲んで帰ってすぐに寝ると、体内の水分量が減ったままの状態に加えて、寝ているあいだにも体内から水分は減っていく一方なので脱水症状になってしまいます。

 

二日酔いにならないための対策

大前提として飲み過ぎないことです!

 

これが一番大事です。

 

対策方法として

 

  • 飲むときは一気に飲むのではなく、ゆっくりと飲む
  • チェイサーの水と交互に飲む
  • お酒を飲む前に脂肪分の多い食べ物を食べる(サラダでも可)

 

このような対策方法があります。

 

二日酔いになった時の治し方

二日酔いになると頭痛や吐き気、身体が重たいなど、様々な症状が現れます。

 

とてもしんどいですよね。

 

原因別の治し方をご紹介します。

 

アセトアルデヒドの場合

アセトアルデヒドを体内からなくすことが第一となります。

 

ですので肝臓の働きを助ける食べ物を食べる、栄養ドリンクを飲むことです。

 

・しじみのお味噌汁

 

しじみには「オルニチン」というアミノ酸が含まれています。

 

オルニチンには肝臓の機能を保護する作用があり、アセトアルデヒドの分解を早めてくれます。

 

またお味噌汁を食べることで体内の脱水症状にも効果があります。

 

 

またヘパリーゼドリンクはお酒を飲む前(30分〜1時間前)に飲むと二日酔いになりにくくなります。 

 

 

脱水症状の場合

脱水症状では水分をとることが第一となります。

 

水分ならなんでも良いわけではなく、適切な飲み物を選ぶことが必要です。

 

体内の浸透圧に近いドリンクである「スポーツドリンク」や「経口補水液」を選んでください。

 

 

まとめ

お酒は適切な量を飲んで楽しむことが一番大事です。

 

二日酔いになりたくてお酒を飲む人はいないと思います。

 

しかし、楽しいことがあったり、嫌なことがあったり、で飲み過ぎてしまうこともあると思います。

 

そんなときは正しい対処方法を知っておくこともお酒を飲むマナーかなと思います。

 

お酒と上手に付き合っていきましょう!

 

 

Copyright © 2017 徒然なるままに All rights reserved.